YOUTUBEアナリティクスの見方・使い方

YOUTUBEアナリティクスの見方・使い方

YOUTUBEアナリティクスの見方と使い方について解説しています。YOUTUBEアナリティクスを使ったデータ分析やPDCAサイクルの回し方について紹介しています。

YOUTUBEアナリティクスとは

YOUTUBEアナリティクスとは、YOUTUBEのデータを集計して分析する為のツールです。YOUTUBEチャンネルを開設することで使用することができ、自身のチャンネルや動画の分析が行えます。

ブランドアカウントを使って複数人でチャンネルを管理している場合は、管理権限を持つユーザー複数人でYOUTUBEアナリティクスを使用することも可能です。

YOUTUBEアナリティクスの見方

①アイコンから「Youtube Studio」をクリック

YOUTUBEアナリティクス①

右上のチャンネルアイコンをクリックし、プルダウンから「Youtube Studio」をクリックします。

②「アナリティクス」をクリック

YOUTUBEアナリティクス②

サイドバーの「アナリティクス」をクリックすれば、YOUTUBEアナリティクスの管理画面を確認できます。

YOUTUBEアナリティクスの使い方

①概要(チャンネル全体のステータス)

概要

視聴回数 期間中に動画が再生された回数
総再生時間 期間中に動画を視聴された時間
チャンネル登録者 期間中にチャンネル登録したユーザー数
推定収益 期間中に発生した推定収益額

YOUTUBEアナリティクスの『概要』では、YOUTUBEチャンネルの全体的なステータスが確認できます。それぞれの項目をクリックすることで棒グラフを切り替えられます。

検索窓右下の期間を変更すれば分析したい期間を切り替えられるので、1ヶ月単位や1年単位で期間指定をして比較することも可能です。

②リーチ(インプレッション関連データ)

リーチ

インプレッション数 サムネイルが表示された回数
インプレッションの
クリック率
サムネイル(動画)がクリックされた確率
視聴回数 動画が視聴された回数
ユニーク視聴者数 視聴者の実人数

『リーチ』では、サムネイル(動画)の表示された回数やクリック率などのインプレッション関連データが確認できます。表示回数やクリック率(CTR)はYOUTUBEチャンネルを運用する上で極めて重要な数値です。

リーチ数が増えることでチャンネル登録者(ファン数)を獲得できる数も増えていくため、PDCAを回す際に必ず確認することを推奨します。

③エンゲージメント(ユーザーの行動を管理)

エンゲージメント

総再生時間 期間内の動画の総再生時間
平均視聴時間 1ユーザーあたりの平均視聴時間

『エンゲージメント』では、視聴者維持率や人気の動画、終了画面からのユーザーのアクションなどが確認できます。

視聴維持率の高い人気の動画や終了画面からチャンネル登録者や次の動画をクリックした動きを分析することで、ユーザーのアクションを理解することができます。

④視聴者(視聴者の分析)

視聴者

ユニーク視聴者数 視聴者の実人数
視聴者あたりの
平均視聴回数
1ユーザーあたりの平均視聴回数
チャンネル登録者 期間中にチャンネル登録したユーザー数

『視聴者』では、視聴者のアクセス数の多い時間帯や国、性別、年齢層などが確認できます。

自身のYOUTUBEチャンネルを視聴するユーザー層を把握することで、投稿するべきコンテンツや方針を定めることに役立ちます。

⑤収益(チャンネルの獲得収益額)

収益

推定収益 期間中の推定獲得収益額
収益化対象の
推定再生回数
収益化対象動画の推定再生回数
再生回数に
基づくCPM
再生回数を元にしたCPM

『収益』では、YOUTUBEチャンネルで獲得した収益額を確認できます。推定収益と記載されているのは、Googleアドセンスの管理画面と数値にズレがある為です。

収益額が上位の動画なども確認できるため、広告収益等を重視する場合の分析に活かせます。

YOUTUBEアナリティクスを使いこなすコツ

表示回数・クリック率・平均視聴時間を重要視

YOUTUBアナリティクスの中でも特に気にして見ておくべき数値は「表示回数」「クリック率」「平均視聴時間」です。3つのデータが動画の再生数やチャンネル登録者数、広告収益の獲得額に直結する為、アナリティクスのデータを元にPDCAを回していくのがポイントです。

様々な項目を見て触って覚える

YOUTUBEアナリティクスで確認できるデータは多種多様な為、まずは見て触って覚えることが重要です。画像やグラフ、数値で解析しているので、実際に気になった項目をクリックしてデータを確認することが重要です。

データを元にコンテンツの最適化を目指す

YOUTUBEアナリティクスを見ているだけでは、コンテンツ(動画)の改善はできません。データを元に改善を繰り返し、より最適なコンテンツ作りを心がけましょう。

関連記事

YOUTUBE SEO(ユーチューブSEO)で抑えるべき3つの要素について解説しています。キーワードやサムネイル、再生数と視聴時間について考察しているので、YOUTUBE SEOを活用する参考にしてください。

YOUTUBEアナリティクスの見方と使い方について解説しています。YOUTUBEアナリティクスを使ったデータ分析やPDCAサイクルの回し方について紹介しています。

YOUTUBEのブランドアカウントを作成するメリットと作り方について解説しています。ブランドアカウントの役割やメインアカウントとの違いも紹介しています。

攻略メニュー