動画マーケティングとは?目的や効果を解説

動画マーケティングとは?目的や効果を解説

動画マーケティングの目的や効果について紹介しています。動画マーケティングのメリットやデメリットはもちろん、動画制作における注意点も解説しています。

seedこの記事を書いた人

インフルエンサーinfo編集部@SEED

インフルエンサーやクリエイターをサポートしている「SEED」運営者。

動画マーケティングとは

動画マーケティングは、その名の通り「動画(映像)」を用いて、消費者の商品やサービスへの認知向上や販売促進を目的として行うマーケティング手法です。

動画を使うことで、静止画やテキストでは説明しづらい要素や機能を解説できたり、商品のイメージをより明確に伝播できるなどの利点があります。

動画マーケティングの目的

商品やサービスの認知向上・販売促進

動画マーケティングは主に自社の商品紹介やサービスの認知向上、販売促進を目的に行います。動画によって消費者に届く情報が多ければ多いほど効果が高く、静止画やテキストでは説明が難しい内容を効率良く伝播できます。

企業戦略やブランディングの拡散

企業戦略やブランディング重視の動画を拡散することで、視聴者の持つ企業イメージや先入観を払拭できます。上手くいけば動画を視聴したユーザーからSNSや口コミでさらなる拡散に期待できます。

動画マーケティングの効果とメリット

多くのユーザーに拡散できる

動画マーケティングにおいて最も効果を持つのがその拡散性の高さです。動画プラットフォームとして最大級のMAUを誇る「YOUTUBE」をはじめ、TikTokやインスタグラムなど拡散性の高いプラットフォームが多数存在します。

ターゲットに併せてプラットフォームが選べる

動画マーケティングが行えるプラットフォームが数多く存在する為、ターゲットや目的に併せて適したプラットフォームを選べるのも動画マーケティングの強みです。

例えばYOUTUBEなら10代~30代を中心に幅広いリーチが見込めます。一方TikTokのMAUの大半は10代~20代の女性です。このようにプラットフォームごとの特性を活かしたマーケティングが実現可能です。

作成した動画は半永久的に流用可能

動画マーケティングを行う為に作成した動画は、半永久的に流用できます。コーポレートサイトやECサイトへの埋め込み、自社SNSへの二次利用など幅広い使い道があります。

動画マーケティングの注意点とデメリット

コンバージョンには繋げづらい

動画の視聴がメインなので、動画概要へのアクションおよびクリックなどのコンバージョンには繋げづらいのがネックです。

ただし拡散性の高さもあり動画の視聴数を伸ばすことに成功すれば、コンバージョン率の向上が狙えます。また、インフルエンサーに依頼したタイアップ動画などは、動画+SNSのようにセットで依頼することでコンバージョン率を高めることができます。

動画制作に工数と費用がかかる

動画の制作にはリソースや製作コストが発生します。動画製作会社やインフルエンサーに依頼すればリソースを確保できますが、その分製作コストが増えます。

逆に自社に動画制作できるクリエイターがいる場合は、人権費のみで動画を制作できる分、リソースが必要です。

企画構築や効果分析に知識が必要

動画マーケティングに関する知識がなくても動画マーケティング自体は実施できますが、企画内容の構築や配信プラットフォームの選定、実施後の効果分析などの知見があるかないかで成果が変わってきます。

動画マーケティングのやり方

目的を決める

  • ・商品の認知向上および拡散
  • ・消費者への販売促進
  • ・商材やブランディングのイメージ向上

まずは上記のような動画マーケティングを行う目的を設定しましょう。目的をできるだけ1つに絞り、効果を最大化させるのがポイントです。

動画企画を成功させるポイントはこちら

企画内容を決める

目的に併せて動画を企画内容を決めましょう。効果的な企画は目的から逆算することっが大切です。

制作会社やインフルエンサーに依頼する場合も目的を明確に伝えましょう。しっかりした伝達ができていないと想定していた動画にならず、修正にかかる手間が大幅に増えます。

動画を投稿するプラットフォームの選定

企画内容を決めるタイミングとほぼ同時並行で投稿プラットフォームの選定も必要です。

目的によって適したプラットフォームが決まることもあるので、目的を決める前にプラットフォームを決めないよう注意しましょう。

動画制作と投稿のポイント

冒頭部分のキャッチ力を意識

動画の冒頭部分で視聴者が離脱しないよう、冒頭部分のインパクトや続きが気になる展開を意識するのが重要です。10分の動画を作ったのに10秒で離脱されては効果も薄れてしまいます。

SNSやTikTokなどの短尺動画も同様に、できる限り最後まで動画を見てもらえるような構成にするのが理想です。

動画の視聴数を伸ばす導線作り

せっかく作った動画も見てもらえなければ意味がありません。動画をいかに多くのユーザーに視聴してもらえるかが重要です。

作成した動画をフォロワーの多いSNSで拡散したり、YOUTUBEなどではクリック率を意識したサムネイル作りも重要です。

ハッシュタグやテキストのキーワード対策

動画だけでなく投稿時に記載するテキストやハッシュタグによるキーワード対策も重要です。YOUTUBEであれば、キーワードやハッシュタグによって、視聴数の多い動画の関連動画に表示されたり、オーガニック検索で上位表示されたりします。

動画を公開するまで気を抜かず細部までこだわることが動画マーケティングを成功に近づけます。

関連記事

動画制作会社(映像制作会社)の選び方とおすすめの動画制作会社を一覧で紹介しています。動画制作や動画広告の出稿などの動画マーケティングを行う参考にしてください。

動画マーケティングの目的や効果について紹介しています。動画マーケティングのメリットやデメリットはもちろん、動画制作における注意点も解説しています。

動画制作における企画の重要性や目的の立て方、ターゲットの選定方法について解説しています。見られる動画を制作せするコツも紹介しているので、動画制作の参考にしてください。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー