ゲーム業界のインフルエンサーマーケティング事例

ゲーム業界のインフルエンサーマーケティング事例

ゲーム業界のインフルエンサーマーケティング事例を紹介しています。ゲーム(アプリ・コンシューマー)とインフルエンサーマーケティングの相性や動画とライブ配信の活用方法について解説しています。

ゲーム業界とインフルエンサーマーケティングの相性

ゲーム業界とインフルエンサーマーケティングの相性は、主にYOUTUBEなどの動画メディアにおいて相性の良いマーケティング方法と言えます。ゲーム自体が動画を使って認知させやすいコンテンツかつ、実際にプレイしながらシステム解説などを行うのに適している為です。

ゲームジャンルによって動画需要に差はありますが、インフルエンサーマーケティングにおいては認知目的やコミュニティを確立できるメリットが存在する為、様々なゲームタイトルでインフルエンサーマーケティングが活用されているのが現状です。

認知を取るかCPIを取るか

認知目的 メガインフルエンサー
インストール目的 マイクロインフルエンサー

幅広いユーザー層にゲームのシステムやサービスに関する情報を伝える為にはメガインフルエンサー、特定のゲームジャンルに興味関心の高いユーザーに対するコンバージョンを意識するならマイクロインフルエンサーを起用するのが基本です。

本来ならどちらも同時に行えるのが理想ですが、ゲームジャンルによっては元のプレイ人口や動画需要に限界がある場合もあるので、インフルエンサーマーケティングを行う際には注意が必要です。

動画とライブ配信(生配信)で方針を分ける

動画 ・認知目的のプロモーション
・ユーザーの離脱対策(初心者向け)
ライブ配信 ・エンゲージメント率の向上
・コミュニティの確立

動画・ライブ配信でインフルエンサーマーケティングの方針および戦略を分けることができます。動画はインフルエンサー→視聴者への発信がメインですが、ライブ配信ではインフルエンサー↔視聴者の関係が成立するため、エンゲージメント率の向上などが見込めます。

動画は訴求ポイントを明確にした構成で半永久的に動画メディアに残すことができるため、新規ユーザーの離脱対策に効果が出たり公式サイトへの埋め込みなどで利用しやすい利点があります。

ゲーム業界のインフルエンサーマーケティング事例

白上フブキ×アークナイツ

ホロライブ所属のVTUBER「白上フブキ」と株式会社Yostarが運営する「アークナイツ」のタイアップ動画です。主にライブ配信を使ったタイアップ動画となっており、約5万~10万再生と驚異的な再生数を叩き出しています。

ライブ配信を用いることでインフルエンサーと一緒にゲームをプレイする感覚が作用し、アークナイツの1コミュニティとして確立することに成功しています。

マグロヘッド×レジェンドオブルーンテラ

Riot GamesのDCG「レジェンド・オブ・ルーンテラ」とDCGに特化したマイクロインフルエンサー「マグロヘッド」のタイアップ動画です。

DCG(デジタルカードゲーム)ファンの多いインフルエンサーを起用することで、認知拡大とCPIを意識したプロモーションに成功している事例と言えます。

はじめしゃちょー×コードドラゴンブラッド

大手ユーチューバー「はじめしゃちょー」とスマホアプリ「コードドラゴンブラッド」のタイアップ動画です。天井からドラゴンが襲ってくるドッキリが本編となっており、動画の冒頭と終盤のみゲームに関する告知を取り入れています。

メガインフルエンサーの特徴として特定の分野のファンが多い訳ではないので、案件っぽさを少なくした企画内容で視聴維持率を伸ばす方針が覗えます。

関連記事

インフルエンサーマーケティングの費用と料金相場について解説。インフルエンサーマーケティングの費用対効果やインフルエンサーへの依頼方法、企業に依頼するメリットなどを紹介しています。

YouTuber(ユーチューバー)と企業タイアップ動画の事例を紹介しています。YOUTUBEやTiktokの企業タイアップ動画やタイアップとコラボの違いについて解説しています。

自動車業界のインフルエンサーマーケティング事例を紹介しています。自動車とインフルエンサーマーケティングの相性やプロモーションの活用方法について解説しています。

攻略メニュー