インフルエンサーへの依頼方法と費用・料金相場

インフルエンサーマーケティングの費用と料金相場

インフルエンサーマーケティングの費用と料金相場について解説。インフルエンサーマーケティングの費用対効果やインフルエンサーへの依頼方法、企業に依頼するメリットなどを紹介しています。

seedこの記事を書いた人

インフルエンサーinfo編集部@SEED

インフルエンサーやクリエイターをサポートしている「SEED」運営者。

費用はインフルエンサーや企業で異なる

インフルエンサーマーケティングの費用は、依頼先のインフルエンサーや会社によって異なります。メディアごとにある程度の料金相場は存在しますが、相場と関係なく料金設定をしているケースも珍しくはありません。

インフルエンサーマーケティング会社20選はこちら

インフルエンサーマーケティングの相場

YOUTUBE 1再生あたり約10円~15円
Instagram 1フォロワーあたり約2円~4円

インフルエンサーマーケティングの主要メディアのYOUTUBE、Instagramの料金相場です。人気のあるユーチューバーやインスタグラマーは基本的に相場よりも高くなることが多いですが、人気に関係なく相場より安く依頼できるインフルエンサーも存在します。

事務所などに所属するインフルエンサーとフリーで活動するインフルエンサーによって、相場や価格設定の基準が異なることもあります。

インフルエンサーマーケティングの主要な手法

インフルエンサーマーケティングにはいくつもの方法があります。

それぞれ特徴や期待できる効果が異なるため、プロモーションの目的に応じて最適な方法を選ぶことが大切です。ここではインフルエンサーマーケティングの主要な方法を紹介します。

商品を提供し使ってもらう

企業がインフルエンサーに商品を提供して実際に使用してもらい、その体験談やレビューをSNSで紹介してもらう方法です。

この方法は、取材やインタビューなどと異なり商品を提供するだけなので、企業側にとってはそれほど準備の手間がかからないというメリットがあります。また、簡単な投稿を依頼するだけであればインフルエンサーにとってもそれほど負担は大きくありません。

商品を提供する方法では、インフルエンサーにサンプルとして商品を送付するだけでSNSに投稿してもらえることもあり、コストを抑えられることが多いのが一般的です。

なお、キャスティング会社を通さずインフルエンサーと直接やり取りができれば手数料分を削減できます。

現地訪問してもらう

イベントや観光地、店舗などにインフルエンサーを招待し、現地訪問の体験談をSNSに投稿してもらう方法もあります。

この方法は、インフルエンサーに生の体験をしてもらうことによって、その場でしか味わえないリアルな情報を発信してもらえる点がメリットです。

実績のあるインフルエンサーほど、独自の感性で新しい魅力を発掘することに長けています。企業側が思いつかなかったような発信をすることで、これまでのプロモーションとは違う訴求効果が期待できるのです。

現地に招待する方法は、インフルエンサーに対して移動や現地での体験など、拘束時間が発生するため、気軽に依頼できるものではありません。企業側も、招待するための手配や段取りなどの準備をしておく必要があります。

コストの面でも、インフルエンサーへの依頼費とは別に交通費や宿泊費などもかかるケースがあるでしょう。

ただし、脱毛やエステ体験など、インフルエンサーにとってもメリットのあるイベントのに無料で招待する場合は交通費などの実費のみで受けてもらえることもあります。

情報だけ投稿してもらう

インフルエンサーに必要な情報だけを提供して、そのまま投稿してもらう方法もあります。提供するものは、商品・サービスの説明文や、画像、動画、パンフレットなどが一般的です。あるいは、もっと手軽に投稿用テキストや画像だけを渡すといったパターンもあります。

この方法のメリットは、企業側とインフルエンサーの双方にとってそれほど手間がかからないという点です。

企業側は既存の商品紹介サイトや動画、画像素材などをインフルエンサーに共有するだけで済み、インフルエンサー側はテキストや画像、動画などをTwitterでリツイートするだけという場合もあります。

ただし、手がかからない反面、投稿のオリジナリティが薄く、広告色が強くなってしまうため、インフルエンサーによっては引き受けないというケースもあるようです。

アフィリエイトで成果分だけ支払う

アフィリエイト形式で紹介してもらう方法もあります。アフィリエイトとは、商品を紹介してもらい、広告リンクを経由してユーザーが購入や会員登録などをすれば報酬を支払うという仕組みです。

アフィリエイトでは、購入や資料請求といった実際の成果数に応じて報酬を支払うため、広告主側にとって無駄なコストを支払うリスクを避けられるというメリットがあります。

インフルエンサーにとっては、成果の数が報酬に反映されるため、モチベーションに繋がることが利点です。

ただし、インフルエンサーが報酬目当てに広告リンクを多用してしまうと、宣伝の印象が強くなり、マーケティングとして逆効果になるリスクがあります。

費用対効果について

前提としてインフルエンサーマーケティングはコンバージョンの獲得には向いていません。認知向上や拡散目的、ブランディング認知目的の施策においては高い費用対効果が見込めます。

ただし、インフルエンサーの選定や企画内容が目的とズレた場合に、期待値が半減することもあるので十分な準備期間を用意するのが理想です。

費用対効果を高めるには?

インフルエンサーマーケティングには、インフルエンサーへの依頼費の他にも、企画立案のコストや商品・サービスの提供費用、そしてキャスティング会社を経由する際は別途手数料がかかります。

実施する際には、コストと効果とのバランスを比較して、費用対効果の高い方法を選ぶことが大切です。ここではインフルエンサーマーケティングにおいて費用対効果を高めるコツを紹介します。

コストを抑えすぎない

インフルエンサーマーケティングでは、コストを抑えようとしすぎないことが重要です。人気のインフルエンサーは案件の依頼も多いため手数料は安くありませんし、またレビューや写真などでユーザーに響く訴求をするのには手間暇がかかります。

そのため、広告効果を狙うのであれば、ある程度の費用はかかるものだという認識が必要です。

コストを抑えると、フォロワー数が少ない、あるいはターゲット層とは外れたインフルエンサーしかアサインできないということもあります。必要な予算をかけて自社に合うインフルエンサーに依頼することで、着実な効果が見込めるのです。

ゴールに合ったインフルエンサーを選定する

次に、プロモーションの目的に合ったインフルエンサーを選びましょう。インフルエンサーによって、フォロワーの属性も質もさまざまです。フォロワーの年齢層をはじめ、投稿への反応も異なります。

そのため、キャスティングの際は、自社のターゲットやプロモーションの目的に合致するインフルエンサーを選ぶことが大切です。

インフルエンサーを選ぶ際に意識すると良い項目は、フォロワーの人数、男女比、年齢構成、エンゲージメント数、リーチ数、所在地などが挙げられます。また、これらの定量的な指標だけでなく、ハッシュタグやコメントの内容なども合わせて検討すると効果的です。

キャスティング会社に頼む

インフルエンサーマーケティングでは、キャスティングこそが成功と失敗を分ける重要な要素です。

しかし、キャスティングではさまざまな要素から条件に合うインフルエンサーを探し出して選定しなければならず、インフルエンサーマーケティングを初めて実施する場合は簡単ではありません。そこで、キャスティング会社に依頼という方法もあります。

キャスティング会社は、さまざまなインフルエンサーとのネットワークを持っており、希望を伝えれば条件に沿ったインフルエンサーを提案してもらうことが可能です。

また、インフルエンサーマーケティングへの知見があるので、効果的なマーケティングプランの提案を受けることもできます。

インフルエンサーに直接依頼する方法

フリーのインフルエンサーに依頼する場合は、直接インフルエンサーに連絡を取って目的やスケジュール、報酬について交渉しましょう。交渉が成立した後も、企画内容の打ち合わせや投稿内容の確認などスピーディなやりとりが重要です。

事務所に所属するインフルエンサーも多い為、インフルエンサーに連絡する前に所属事務所などの情報も確認しておきましょう。事務所所属のインフルエンサーは、基本的に企業側が管理しているため直接インフルエンサーに連絡をとっても意味が無いことがあります。

業務提携のみのインフルエンサーは、個人or企業どちらに連絡をしても問題はありませんが、インフルエンサーに直接交渉したほうが代理店を経由しない分、手数料がカットできる可能性があります。

企業に依頼するメリットは?

インフルエンサーマーケティング会社に依頼するメリットは主に、

  • ・依頼するインフルエンサーの選定
  • ・インフルエンサーとのやり取り
  • ・目的に応じた企画コンサルティング
  • ・施策実施後の効果測定やFB
  • ・ステマ対策

などがあります。インフルエンサーマーケティングに関する知識があり、上記の項目を自社のリソースで補える場合は企業に依頼するメリットは少なくなります。

ただし、インフルエンサーの選定や企画を実施するまでのインフルエンサーとのやり取りには想像以上の工数がかかることもある為、企業に依頼することでリソースを確保できるのは大きなメリットと言えます。

もちろん企業への費用も発生しますが、知見の無い状態でインフルエンサーマーケティングを行いステマになってしまうなどのリスクも無くなるので、安心して施策が実施できます。

インフルエンサーマーケティング会社20選はこちら

関連記事

インフルエンサーマーケティングの費用と料金相場について解説。インフルエンサーマーケティングの費用対効果やインフルエンサーへの依頼方法、企業に依頼するメリットなどを紹介しています。

YouTuber(ユーチューバー)と企業タイアップ動画の事例を紹介しています。YOUTUBEやTiktokの企業タイアップ動画やタイアップとコラボの違いについて解説しています。

自動車業界のインフルエンサーマーケティング事例を紹介しています。自動車とインフルエンサーマーケティングの相性やプロモーションの活用方法について解説しています。

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー