動画企画を成功させるポイントと動画制作のコツ

動画企画を成功させるポイントと動画制作のコツ

動画制作における企画の重要性や目的の立て方、ターゲットの選定方法について解説しています。見られる動画を制作せするコツも紹介しているので、動画制作の参考にしてください。

seedこの記事を書いた人

インフルエンサーinfo編集部@SEED

インフルエンサーやクリエイターをサポートしている「SEED」運営者。

動画制作の企画はなぜ重要なのか

動画制作において企画が重要な理由は目的を達成させる他にありません。目的を達成させるためにターゲットを明確にし、最適な動画プラットフォームで施策を行う必要があります。

目的やターゲットが明確になっていないまま動画制作を行ってしまうと、コンテンツそのものの方向性も曖昧になり企画そのものが失敗に終わる可能性が高くなります。

動画企画の重要ポイント

目的を明確にする

  • ・自社商品やサービスの認知向上
  • ・販売促進目的
  • ・ブランディングや企業イメージ向上

動画制作の企画を決める上で最も重要なのが目的を明確にすることです。上記のような土台となる目的を設定し、目的を達成するのに適した動画を制作する必要があります。

また、目的はできる限り1つに絞り動画のコンセプトが曖昧にならないようにすることも重要です。せっかく作った動画も視聴者に意図が上手く伝わらなければ効果は半減してしまいます。

ターゲットからプラットフォームを選別

動画の視聴および、自社商品やサービスを認知してほしいターゲットを予め決めておく必要があります。目的やターゲット次第で「動画」と「生配信」に優劣が付いたり、投稿すべきプラットフォームが異なる場合があります。

その限りではありませんが、30代~40代の男性層がターゲットの場合に10代~20代の女性層が多いTikTokに動画を投稿しても、狙っているターゲット層に上手く認知してもらえない可能性が出てきます。

見られる動画制作のコツ

視聴維持率を重視する

動画が視聴されてもすぐに離脱されては効果が薄くなります。動画の冒頭で視聴者が興味を引く構成を意識し、動画を通じて伝えたい内容をできる限り最後まで見てもらうことが重要です。

動画の視聴維持率が長いほどコンバージョン率が上がる可能性も高くなるので、OP~本編までの段階で視聴者が離脱しない動画構成を意識がけましょう。

サムネイルはCTRに影響する

YOUTUBE等、動画のサムネイルが設定できるプラットフォームでは、サムネイルの善し悪しでCTRに変動が出ることがあります。タイトルに設定したキーワードよりも画像で直感的に動画内容を認識できるサムネイルの方がクリックに繋がる可能性が高いからです。

サムネイルを見て動画内容がひと目で認識できるコンテンツ制作を意識しCTRの向上を測ることで、より多くのユーザーに動画を視聴してもらえる可能性が上がります。

キーワードやタグ付けも重要

投稿するプラットフォームにもよりますが、多くのSNSやメディアではキーワードおよびハッシュタグによる検索機能が充実しています。

検索ボリュームの多い文言や関連用語をタグ付けすることで、そのキーワードに対して検索をかけたユーザーに動画を認知してもらえる可能性が高くなります。

例えばYOUTUBE広告を出稿する場合などに、特定のキーワードを検索しているユーザーに対して広告を表示させることができます。

できるだけ多くのキーワードを設定すればその分検索するユーザー数も増えるので、動画の視聴数を伸ばす為の重要な要素であると言えます。

関連記事

動画市場は年々盛り上がりを見せていて、2020年には動画広告市場額が3,289億円に達する見込み。動画市場が拡大しつづける背景や、今後の動画広告・動画配信サービスにまつわるトレンドなどをまとめました。

プロモーション動画を作成することによって、商品やサービスの販売促進、認知拡大やブランディングを叶えることができます。実際にプロモーション動画を作成する際の手順や映像制作会社の選び方をまとめました。

動画制作会社(映像制作会社)の選び方とおすすめの動画制作会社を一覧で紹介しています。動画制作や動画広告の出稿などの動画マーケティングを行う参考にしてください。

攻略メニュー