【2020年最新】YOUTUBEのSEOで抑えるべき3つの要素

YOUTUBEのSEOで抑えるべき3つの要素

YOUTUBE SEO(ユーチューブSEO)で抑えるべき3つの要素について解説しています。キーワードやサムネイル、再生数と視聴時間について考察しているので、YOUTUBE SEOを活用する参考にしてください。

YOUTUBE SEOとは

YOUTUBE SEOとは、YOUTUBEに投稿するコンテンツ(動画)を上位表示させる為の技術や手法のことです。YOUTUBEの検索結果だけでなく、Googleの検索結果にもYOUTUBE動画が表示されるため、YOUTUBE SEOを上手く活用することで、動画の再生数や視聴時間を増やすことが可能です。

YOUTUBEマーケティングの解説はこちら

YOUTUBE SEOの重要な3大要素

  • ・キーワード(タイトル、タグ、概要欄)
  • ・サムネイル
  • ・再生数と視聴時間

YOUTUBE SEOの重要な要素として上記の3つが挙げられます。細かい要素は他にもありますが、まずは重要な3大要素をしっかり抑えておきましょう。

キーワード

動画編集アプリ(検索)

タイトルやタグ、動画概要欄に対してコンテンツ(動画)と関連性の高いキーワードや共起語を設置します。YOUTUBEの検索窓に単語を打ち込むことで、検索クエリやサジェストが表示されるので、その中からコンテンツと関連性のある文言をタイトルやタグに設定しましょう。

また、キーワードを指定して検索し上位表示されている動画を参考にするのも効果的です。上位表示される=そのキーワードに対して最適なコンテンツの可能性が高いので、キーワードだけでなく概要欄や動画構成を見てみるのもいいでしょう。

サムネイル

動画編集アプリ(サムネイル)

サムネイルの善し悪しがYOUTUBE SEOのアルゴリズムに直結するのでは無く、サムネイルによるCTR(クリック率)を高めることで、動画の再生数が増加しクローラーに対してキーワードとコンテンツの関連性を認識させるきっかけになります。

上記の参考画像は「動画編集アプリ」で検索した際の上位3つの動画サムネイルですが、全てのサムネイルに「動画編集アプリのアイコン」と「人物」が映っています。このことから「動画編集アプリ」と検索したユーザーがクリックに至った動画サムネイルの特徴を掴むことができます。

再生数と視聴時間

再生数と視聴時間および視聴維持率もYOUTUBE SEOにおいて重要な要素です。動画の視聴維持率が高い=動画の品質の高さを表す指標になります。

通常のSEOにも通ずることですが、コンテンツの品質の高さは検索結果で上位表示させる為には必要不可欠な要素です。ただ作りたいコンテンツを作るのではなく、ユーザーが求めるコンテンツを意識して動画を制作するのがポイントです。

YOUTUBEアナリティクスで分析

YOUTUBEアナリティクス

YOUTUBEの標準機能である「YOUTUBEアナリティクス」を用いてデータ分析や行った施策に対してPDCAを回すことが可能です。

自身が投稿した動画の中から人気の動画や視聴維持率の高い動画、検索トラフィックなどが確認できるので、YOUTUBEアナリティクスの活用は極めて重要です。

YOUTUBEアナリティクスの使い方はこちら

関連記事

YOUTUBE SEO(ユーチューブSEO)で抑えるべき3つの要素について解説しています。キーワードやサムネイル、再生数と視聴時間について考察しているので、YOUTUBE SEOを活用する参考にしてください。

YOUTUBEアナリティクスの見方と使い方について解説しています。YOUTUBEアナリティクスを使ったデータ分析やPDCAサイクルの回し方について紹介しています。

YOUTUBEのブランドアカウントを作成するメリットと作り方について解説しています。ブランドアカウントの役割やメインアカウントとの違いも紹介しています。

攻略メニュー