YOUTUBEマーケティング活用方法と成功事例

YOUTUBEマーケティング活用方法と成功事例

YOUTUBEにおける動画マーケティングの活用方法や成功事例を紹介しています。YOUTUBEマーケティングの特徴や主な手法についても解説しています。

seedこの記事を書いた人

インフルエンサーinfo編集部@SEED

インフルエンサーやクリエイターをサポートしている「SEED」運営者。

YOUTUBEマーケティングの特徴

幅広い利用層にリーチできる

YOUTUBEは国内MAUが約6,000万人、全世界での利用者は約20億人を超える世界最大級の動画プラットフォームです。利用者の年齢層は幅広く男女比のばらつきもないので、幅広い利用層に商品やサービスを拡散するのに適しています。

また、数多く存在する利用者の中から自社製品やサービスと親和性の高いターゲットに絞って情報を発信することができるので、認知目的やイメージ向上目的の施策を実施しやすいのが特徴です。

動画を通じた訴求力の高さ

静止画やテキストでは表現しづらい内容を動画で表現し、数多くの利用者に拡散できるのがYOUTUBEマーケティング最大の魅力です。

また、TV番組やTVCMよりも少ない費用で、広告や宣伝が行えるのもYOUTUBEの強みの一つです。例えばYOUTUBE広告なら、ユーザー属性を絞った広告出稿やリマーケティングも可能なので、TVCM等とは異なる棲み分けができます。

SEO対策やアナリティクスによる効果分析

YOUTUBE上に投稿した動画は、キーワードやコンテンツがGoogle評価されることで検索結果に上位表示されたり、類似カテゴリの人気動画に関連付けされることがあります。

YOUTUBE内の「YOUTUBEアナリティクス」を使って分析もできるので、プロモーション期間中から実施後までの効果を見たり、PDCAを回してコンテンツの改善に取り組めます。

YOUTUBEマーケティングの手法

YOUTUBEチャンネルの運用

自社でYOUUBEチャンネルを作成し運用することで、興味関心のあるユーザーの獲得や情報発信が可能です。

YOUTUBEのチャンネルの運用や管理には相応のコストが必要ですが、うまく運用しファンを獲得できれば、常に自社に関する最新情報を動画によって拡散できます。

企業YOUTUBEチャンネルの活用方法はこちら

YOUTUBE広告の出稿

YOUTUBE広告は動画の視聴前や視聴中、視聴後などに配信できる動画広告です。キーワード指定や他チャンネルから、自社商品に興味関心を持つユーザーをターゲットして広告を出稿できます。

広告予算に併せて広告単価や配信期間も決められるので、計画的かつ効果分析をしながら広告出稿できるのが強みです。

YOUTUBE広告の種類や費用はこちら

インフルエンサーマーケティング

YOUTUBEにおけるインフルエンサー「ユーチューバー」を起用したインフルエンサーマーケティングが行えます。

ユーチューバーに自社商品やサービスの紹介を依頼することで多くのチャンネル登録者に拡散できる他、企画次第では大きな反響に期待できます。

インフルエンサーマーケティングの解説はこちら

YOUTUBEマーケティングの活用方法

他SNSやキャンペーンとの連動

YOUTUBE動画とTwitterやインスタグラムなどの他SNSを連動させたキャンペーン等を実施することで相乗効果に期待できます。

SNS以外にYOUTUBE動画の概要欄にECサイトへの導線を設置するなど、様々なサービスと連動させつつ動画内で内容を解説できます。

企業イメージやブランディングの認知向上

商品やサービスの紹介だけでなく、YOUTUBEを通じて企業イメージやブランディング戦略を重視したプロモーションも実現できます。

YOUTUBE広告やユーチューバーとのタイアップを行うことで、YOUTUBE上での認知が乏しい場合においても急速な認知向上が見込めます。

YOUTUBEマーケティングの成功事例

モンスト公式【企業チャンネルの運用】

スマホアプリ「モンスターストライク」の公式YOUTUBEチャンネルです。モンストの最新情報や新キャラの紹介動画を中心に動画を投稿しており、登録者数104万人、総再生回数5億8000万回以上を誇り、ゲーム企業の公式チャンネルの中でも高い再生数を獲得しています。

ゲーム動画だけでなく、自社広報担当やゲストが出演する特別番組なども配信しており、多くのモンストファンから人気を集めると共に、ユーザーの定着、課金数の増加も実現しています。

モンスト(モンスターストライク)公式はこちら

ダンボールワン【YOUTUBE広告】

梱包資材の販売を行う「ダンボールワン」の採用広告動画です。地元の若者に対しての知名度が低く求人広告を出稿してもなかなか人材が集まらないという悩みを抱えていました。

そこで求人媒体ではなく、YOUTUBEに広告動画を出稿し15日間で約47万ユーザーに約168万回の広告表示数を記録しました。結果として質の高い学生からの応募を28件獲得することに成功しました。

ダンボールワンはこちら

コカ・コーラ自動販売機アプリ「Coke ON」【インフルエンサーマーケティング】

「Coke ON」は日本コカ・コーラ株式会社の提供する自動販売機連動アプリです。「HIKAKIN」さんや「はじめしゃちょー」さんをはじめ、その他4組のユーチューバーとタイアップしアプリの訴求およびPRに成功した事例と言えます。

2020年5月段階で6動画の合計再生回数は1700万回を超えており、動画を投稿した当日はApp Storeアプリ総合ダウンロードランキングが前日と比較し142位から21位へ上昇。その翌日には6位にまで上昇し、App Storeのトレンド検索入りも果たしています。

HikakinTVはこちら

関連記事

YOUTUBE SEO(ユーチューブSEO)で抑えるべき3つの要素について解説しています。キーワードやサムネイル、再生数と視聴時間について考察しているので、YOUTUBE SEOを活用する参考にしてください。

YOUTUBEアナリティクスの見方と使い方について解説しています。YOUTUBEアナリティクスを使ったデータ分析やPDCAサイクルの回し方について紹介しています。

YOUTUBEのブランドアカウントを作成するメリットと作り方について解説しています。ブランドアカウントの役割やメインアカウントとの違いも紹介しています。

攻略メニュー