YOUTUBE広告の種類と特徴を解説

YOUTUBE広告

YOUTUBE広告の種類やそれぞれの広告の特徴を紹介しています。YOUTUBE広告の費用やメリット、デメリットについて解説しているので、YOUTUBE広告を出稿する参考にしてください。

seedこの記事を書いた人

インフルエンサーinfo編集部@SEED

インフルエンサーやクリエイターをサポートしている「SEED」運営者。

YOUTUBE広告とは

YOUTUBE広告は、YOUTUBE上に表示する広告を意味します。YOUTUBE広告には様々な形式が存在しますが、全てGoogle広告から広告の出稿および設定が行えます。

動画市場の中でも最も大きなプラットフォームであるYOUTUBE用の広告であるため、動画広告の中でも高い拡散性を持っているのが特徴です。

YOUTUBEマーケティングの解説はこちら

YOUTUBE広告の費用について

YOUTUBE広告は、主に以下の条件で費用が発生します。

  • ・動画広告を30秒以上視聴(30秒以下の動画広告の場合は最後まで視聴)
  • ・動画広告に対してユーザーがクリックなどのアクションをした場合

再生=費用ではないので、費用対効果が高く、動画広告に関して興味関心のあるユーザーやアクションを起こしたユーザーの数に応じて費用が発生します。

YOUTUBE広告の種類

インストリーム広告

インストリーム広告

10101139-サンプルのタイムスタンプ (1)インストリーム広告(TrueViewインストリーム広告)は、動画の再生画面に配信される動画広告で、動画の視聴前、再生中、視聴後に配信できます。

インストリーム広告の中にも「スキップ可能」「スキップ不可」などの形式に分かれており、目的や広告戦略に併せて設定可能です。

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告(True Viewディスカバリー広告)は、YOUTUBE上の検索結果や関連動画の上部に表示される動画広告です。

インストリーム広告と違い任意でクリックする形式の為、商品やサービスへの興味関心が高いユーザーの獲得が見込めます。

バンパー広告

バンパー広告

バンパー広告は最長6秒のスキップ不可の動画広告です。動画広告の再生時間に制限の無いインストリーム広告と違い、動画の再生時間が6秒以下に固定されており、スキップ不可にすることもできません。

ようするに6秒の動画広告を離脱なく視聴して貰えるということです。バンパー広告のみCPM課金制となっており、視聴時間に関係なく1,000インプレッションで費用が発生します。

その他

YOUTUBE広告には動画広告だけでなく、ディスプレイ広告やオーバーレイ広告の出稿も可能です。

PC配信のみとなりますが、動画の再生中や関連動画の上部などに表示される為、目の引くバナーを作成すればクリックに直結する可能性があります。

YOUTUBE広告のメリットとデメリット

動画広告のメリット

  • ・動画との親和性の高い商材に適している
  • ・ターゲットを絞った配信が可能
  • ・目的や予算に併せて計画的な出稿ができる
  • ・データを元にした分析やPDCAが回せる

動画広告のデメリット

  • ・コンバージョンには繋げづらい
  • ・なんども同じ広告が出ることでマイナスイメージに繋がる(対策可)
  • ・ある程度の知見が無いと効果的な実施方法が分かりづらい
  • ・動画広告を作る必要がある

YOUTUBE広告には上記のようにメリットとデメリットが存在します。まずは広告出稿をする目的を明確にし、目的を達成する為に最適な方法を検討することが重要です。

広告予算はあるが社内のリソースが足りていない場合などは、広告代理店などに相談してみることも視野に入れておきましょう。

YOUTUBE連動でリマーケティング

YOUTUBE広告は自身のYOUTUBEチャンネルと連動させることで、より精度な分析「リマーケティング」が可能です。

YOUTUBEチャンネルの運用をしていて目的やターゲットがしっかりしている場合には、必ずYOUTUBE広告と連動しておきましょう。

関連記事

MCN(マルチチャンネルネットワーク)の仕組みや提供しているサービスについて解説しています。MCNと契約することで得られるメリットやデメリットについても紹介しています。

YOUTUBEアナリティクスの使い方と見方について解説しています。YOUTUBEアナリティクスを使ったデータ分析やPDCAサイクルの回し方について紹介しています。

YOUTUBE SEO(ユーチューブSEO)で抑えるべき3つの要素について解説しています。キーワードやサムネイル、再生数と視聴時間について考察しているので、YOUTUBE SEOを活用する参考にしてください。

攻略メニュー